スマホハンガーの自作

愛車いじり - Demio (Posted: 2013-08-11 20:00)

みんカラが開発したスマホ用アプリ、「ハイタッチ!Drive」を使うようになって以来、スマホを充電しつつ、画面を確認し易い位置に固定することに腐心してきました。
そして、様々な試行錯誤を繰り返した末に完成させたのが、この自作のスマホハンガー

このスマホハンガー開発の成功で、車内でのスマホ環境に心を砕くこともなくなったと思っていましたが...。

 


先日、携帯を「au Xperia VL」に変更しました。
当然、このXperiaでもスマホハンガーを使用するため、スマホハンガー使用時の必須アイテム「MIRAREED VG-018 グリップリング」を前機種「au HTC J」から移設しました。

ミラリード グリップリング レッド VG-018

新品価格
¥792から
(2014/6/10 22:29時点)

しかし、このXperia、写真のとおり背面が湾曲しているためか、リングの貼りつきが甘い。
スマホハンガーに引っ掛けておくと、すぐに剥がれてしまいます。
クリックで拡大  画像クリックで拡大

リングが使えないと、このスマホハンガーも使えません。
そこで仕方なく、新しいスマホハンガーの作成に取り掛かりました。

材料その1
前のスマホハンガー作成時に余った、ヘッドレスト支柱につける、後部座席用フック。
写真のとおり、フック部分のツメは切り離しました。
材料その2

以前購入した、シガーソケット設置型のスマホホルダー
これのホルダー部分と留め具(ホルダーとシガーソケット部分をつなぐパーツ、写真中央のモノ)を使いたいので、分解しました。


ヘッドレスト用フックのツメを切り落として露出した穴に、スマホホルダーの突起部を差し込み、フックを挟み込むように裏側から留め具で締め付けて固定。
なお、ホルダーはわざと逆さまにつけてます。

全体像。
この状態でいったん車内に持ち込み、設置上問題がないことを確認、イケそうです。
ただ、留め具がエアコンのダイアルに干渉するので、留め具にクッション材を貼り付けておきました。


これで完成!と言いたい所ですが、この状態ではフック部分の径が大きいため、このままで設置すると、振動で左右に揺れてしまいます。
そこで、ゴムパッキンをこんな風に切って...

フック部分に貼り付け、径を調整しました。


とりあえず、スマホハンガー本体は、これで完成。

長くなるので、記事を分けます。
次回に続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

COMMENTS

必須
必須

※メールアドレスが公開されることはありません。
任意
必須



 

RSS2.0
© 2019 untitle.jp