Xperia Z3 Compact(SO-02G)をLollipop化してみた

趣味のこと (Posted: 2015-06-20 23:22)

グローバル版のXperia Z3 Compact(以後「Z3C」という)に、Lollipop(Android 5.0)へのアップデートが開始されて久しいですが、日本国内(docomo)版のアップデートについては、未だに不明。
つい先日、やっと対応予定機種であることが公表されたものの、時期についての発表はなし。
業を煮やして、グローバル版のLollipopを焼いてしまった方を散見しますが、ワンセグやNFC、おさいふケータイなどの所謂「日本専用仕様」の部分が機能しなくなる不都合があるようです。

 

そんな折、過日発表されたdocomoの「2015夏モデル」のひとつ、Xperia A4(SO-04G)。
実はこのXperia A4(以後「A4」という)、中身はZ3Cとほぼ同じで、搭載されているOS(A4はLollipop)と、筐体の材質やサイズが僅かに異なる程度。
なので、A4発売前から「A4のROMを、そのままZ3Cに焼けるのでは?」という噂が流れていました。
もともと国内向けに設計されているので、前述の「日本専用仕様」にも対応しているはず。

そんなA4が6/18から発売になり、その翌日には「XperiFirm」で端末のROMデータがダウンロードできるようになりました。

そこで、試しにA4のROMデータを取得してftfファイルにし、prerooted.zipを作成。
これをリカバリーからインストールしてみました。
特にエラーも出ず、拍子抜けするくらい、すんなりとインストール完了。
インストール済みアプリの最適化が行われるため、初回起動時のみ起動に時間を要しますが、起動後は特にエラーが出ることもなく。
ただ、微妙にインターフェイスが変わっているので、操作は少し戸惑いました。

で、少しテストしてみましたが、ワンセグやNFCも、正常に動作しているようです。
※「おさいふケータイ機能」は、以前から使ってないので、テストしていません。
多分、このまま安定して使っていけるとは思うけど、不都合や気づいたことがあれば、追記します。

最後に、例によってprerooted.zipをこっそり公開しておきます。
必要な方は、DLしてください。
但し、このファイルをご利用になったことで生じた不都合/不具合について、本サイトは一切責任を負いません。
ご利用は「自己責任」でお願いします。


[2015/06/22追記]
wifiの挙動がおかしいと思ったら、「エリア連動Wi-Fi」がなくなってしまったようです。
エリア連動Wi-Fiとは、設定したアクセスポイントに連動して、自動でwifiのON/OFFを切り替えてくれる機能。
これ、かなり重宝していたのですが...。

仕方ないので、これと同等の機能を提供してくれるアプリ、「Wi-Fi Matic」で代用することにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

COMMENTS

必須
必須

※メールアドレスが公開されることはありません。
任意
必須



 

RSS2.0
© 2019 untitle.jp